· 

オスグットについて

ジュニア、ユース出会うのが、この障害です。         「オスグッド」 オスグッドとは、 成長期の膝の障害で一番代表的なものです。 すねの骨である脛骨(けいこつ)が、 筋肉などに引っ張られて起こるストレスが原因で、 重症化すると剥離骨折を引き起こしてしまいます。                              (画像が見たい方はwebで検索してみてくださいね) ですから、どんなことでもそうですが、 早期発見が重要になります。    このオスグッドがよく起こる年齢ですが、 10歳~15歳頃と言われています。 小学校の高学年~中学生くらいですね。 まれに、小学校の2~3年生や高校生にも診られるので、 注意が必要です。 どのような症状かというと、 まずは「膝が痛い」というのが一般的です。                              特に、 「膝のお皿の下を抑えると痛い」とか 「膝立ちや正座をすると痛い」とか 「走ったりボールを蹴ると痛い」 などが多いでしょうか。 オスグッドがよく起こると言われるスポーツですが、 ・ジャンプが多いスポーツ ・蹴ることが多いスポーツ の2つがよく言われています。                               もちろんそのほかにも起こり得ます。 なので、 ・バレー ・バスケット ・サッカー などを行う小・中学生は要注意ですね。 しかし、 先に書いた通り、そのほかのスポーツでも起こりますし、 私も過去に一度だけ、何もスポーツをしていないけどなった、という子にも出会いましたので 頭の片隅に入れておくと良いと思います。