· 

肉離れに注意

とびしまトレーニングセンターOneStepです。

 

お正月も終わってそろそろ普段の生活のリズムに

戻ってきた頃でしょうか。

 

それに伴って寒さも強くなって参りました。

平野部でも冷え込みがつよくなり、雪もちらつくような

こともあるようです。

 

そうなってくるとウォーミングアップが大切ですね。

ウォーミングアップ不足で発生する怪我はたくさんありますが、

代表的なものは「肉離れ」ですね。

 

大まかにいうと筋肉は骨と骨の間をつなぎ合わせています。

またゴムのように伸び縮みをして骨を動かし、結果関節が

動くわけです。

 

しかし、状態が悪いとこのゴムが伸びません。

 

でも「関節を動かしたい!」さらに「強く、速く動かしたい」

 

そうなるとゴムは耐えきれずに切れてしまうわけです。

 

これが肉離れです。

肉離れは必ずしも完全に断裂してしまうものだけでなく、

部分的に切れたり、ほんの少しだけ切れる時もあります。

 

また切れたゴムは完全に元の状態には戻りにくいです。

切れた場所は溶接したように結ばれるので以前の状態より

伸びないゴムとなってしまいます。

 

つまりまた同じことが起こりやすい状態というわけですね。

 

いわゆる「古傷」を持つということになりますので、

痛みがとれ、スポーツを再開してもパフォーマンスが今までの

ように発揮しづらいことはいうまでもありません。

 

ですから、お子さん(ご自分)が肉離れをしたといってもあまり軽くとらえず

これらのことを頭に入れておいて欲しいのです。

 

そしてこのような事が起きないように、また起きたとしても

正しい予防、正しい動き、正しい休養、正しい栄養などが必要となってきます

 

まずはストレッチングから日常的に行って行きましょう。