· 

今ができなくても

とびしまトレーニングセンターワンステップです。

 

突然ですが、なんの数値でしょうか。

 

  「256人→30人」

 

当然、運動やスポーツに関わることではあります。

 

 

 

 

実はこれは小中学期にトップレベルだった選手がシニア期まで

トップレベルを維持した人数です。

特に陸上競技のカテゴリです。

 

約15%といったところでしょう。

でもそれって「日本だけじゃないの?」と思いきや…

 

 

東ドイツ レスリング選手(13歳)120人 → 9年後国内選手権に出場できた者:5人

西ドイツ 五輪指定強化選手 4972人   →7年後シニア国際トップ10到達者:0.3%

西ドイツ エリートスポーツ学生 11287人→3年後シニア世界選手権でのメダル獲得:1.7%

ロシア  ユーススポーツ学生  35000人  →シニアレベルで大成:0.14%

 

ちょっと古いですが、旧ドイツをはじめ、東欧諸国はスポーツが政治や

その人のその後の人生に大きく影響するため子供の頃から、設備や人材などに

投資をされていました。それだけに信ぴょう性があります。

 

端的にいって小学中学生期にトップレベルであった選手がその後、

様々な要因で「伸びなかった」という証左であります。

 

 

言い換えれば小学中学生期に目立った成績がなくてもその後

トップまで登りつめている選手も多いということです。

 

ですから、小学、中学期にハイレベルな結果が出なくても

継続することが大事ですし、遡って小学、中学期に身体の基本的な

使い方などを身に付けることをおすすめします。

 

その意味では「外遊び」が大事なんですけど、ホント今は

難しいことになってしまいましたね。